レンタルオフィスはどういったケースで利用されるのか?

レンタルオフィスは起業間もないスタートアップや小規模企業のオフィスとして利用するイメージが強いかもしれませんが、地方企業の東京進出や東京に本社がある企業の地方進出、また、企業の新規プロジェクトの立ち上げ時などで利用するなど様々なケースがあります。

本記事ではレンタルオフィスと相性のいい利用シーンをご紹介します。

従業員数の増減に速やかに対応できる!

利用ケース①

レンタルオフィスは物件によって10人以上まで対応できる場合もあります。

例えば、起業時はシェアタイプのレンタルオフィスを1人で利用し、社員数の増加に伴い、同じレンタルオフィス内で徐々に人数を増やしていき、その後、また同じレンタルオフィス内でシェアタイプから10人用の個室にステップアップするというケースもあるようです。

この場合、同じレンタルオフィス内で利用者人数を増やしているだけですので、オフィス移転や登記住所の変更手続きといった手間がかかりませんし、コストも大幅に抑えることが可能です。

賃貸オフィスの場合、従業員数の増減に伴うオフィス移転は、その都度、コスト的にも実務的にも大きな負荷がかかることになりますので、起業してから数年の企業など、従業員数が増減しやすい場合には特にレンタルオフィスの利点を生かしやすいです。

 

拠点拡大や新規プロジェクトの立ち上げ時にも利便性が高い!

地方企業が東京に進出する際に、まずは営業1人で東京に拠点を作りたい場合、もしくは逆に東京本社の企業が、地方に営業拠点を作りたい場合などにすぐに進出も撤退もできるレンタルオフィスは非常に使い勝手がいいです。

本格的な進出の前に、テスト的に拠点を増やすことが可能です。

また、東京都内に本社がある企業が、新規プロジェクトの立ち上げ時などに、同じ東京都内にレンタルオフィスを借りるというケースもあります。

現在のオフィスには余っているスペースがなく、とはいえ、その新規プロジェクトはオフィスを移転、もしくは別に賃貸オフィスを借りるまでのステージではない場合に、やはりレンタルオフィスは使いやすいというメリットがあります。

 

副業や週末起業、資格試験のための自習室としての利用など・・・

利用ケース③

会社員の方で仕事が終わってから副業のために利用したり、本格的に起業する前に土日を活用した週末起業などで利用する方もいらっしゃるようです。また、企業とは全く関係なく、資格試験や入試の勉強のために利用する方もいらっしゃいます。

中には個人としては利用はできず、法人としてでしか契約できない物件もありますので、個人としてのご利用を検討されている場合は、お問い合わせ時にご質問いただいたほうがいいかと思います。

上記のとおり、レンタルオフィスの利用ケースは様々で、使い方次第で非常に大きなメリットがあります。特に従業員数の増減に対して柔軟に対応できる点は、レンタルオフィスにおける最大のメリットの1つといえるでしょう。

それでは、実際にどのようなレンタルオフィス・シェアオフィス・コワーキングスペースがあるのかご紹介したいと思います。

世界最大手のレンタルオフィス運営会社『リージャス』

ご存知の方も多いかもしれませんが、レンタルオフィス業界で圧倒的なブランド力を誇るのがリージャスです。

リージャスは、日本国内で100拠点以上、海外でも120ヵ国900都市、3,000拠点という他運営会社とは比較にならないほど多くの拠点数を運営しています。

リージャスの強みは、老舗の世界最大手ブランドだからこそできる提供サービスのクオリティの高さと、多くの拠点数があるからこそ実現できる利便性の高さです。

リージャスは、いずれの拠点もそのエリアを代表するシンボルタワーや駅から近いハイグレードオフィスビル内にあり、バイリンガルスタッフによる受付対応や秘書業務などハイクオリティのサービスを受けることができるので、来客が多い企業や雑務を任せたい企業には大変便利なレンタルオフィスといえます。

また、リージャスグループが運営するリージャス及び別ブランドのオープンオフィスに入居すると、上述した全国100拠点以上、世界3,000拠点以上のビジネスラウンジを利用できる「ビジネスワールドサービス」が特典として付くので、日本国内や海外への出張が多い企業には非常に便利なレンタルオフィスです。

 

●Regus(リージャス)
各都市のランドマークとなるハイグレードオフィスビルなど、選りすぐりのロケーションと最先端のビジネス環境を備えたレンタルオフィスを提供しています。バイリンガルスタッフによる受付サービスやビジネスラウンジを備え、秘書サービスの利用も可能です。さらに価格帯のバリュエーションも増えたので、予算に応じて自分に合ったプランを選びやすくなっています。

 

●Openoffice(オープンオフィス)
ビジネスのスタートに必要な環境を無駄なく完備し、有利な立地にありながらも、必要最小限の規模で経済的な料金のレンタルオフィスを利用できます。
リージャスが運営する各拠点の一覧は下記ページからご覧いただけますので、気になる物件がありましたらお問い合わせください。

 

リージャスグループ』の拠点一覧はこちら

 

いま注目の急成長ブランド『ビズサークル』『ビズコンフォート』

ここ数年、拠点数が急拡大している株式会社リビング・エージェント運営の『ビズサークル』と『ビズコンフォート』もおすすめです。

『ビズサークル』『ビズコンフォート』は、リージャスとは異なり高層ハイグレードオフィスや秘書付きのハイクオリティサービスではありませんが、そこまでのサービスを必要とはしていない方で、コスパ良く完全個室のレンタルオフィスやコワーキングスペースを利用したい方向けにサービスを展開しているのが人気の秘訣です。

 

●完全個室のレンタルオフィスを低コストで提供する『ビズサークル』

首都圏・大阪・愛知を中心に50拠点以上展開しており、24時間利用可能で高品質なデザインオフィスを提供する完全個室の格安レンタルオフィスです。

『ビズサークル』の拠点一覧はこちら

 

●365日24時間利用できる会員制コワーキングスペース『ビズコンフォート』

「大人カッコイイ」をコンセプトにデザインしたコワーキング&シェアオフィスです。

『ビズコンフォート』の拠点一覧はこちら

 

他にもまだある!お勧めレンタルオフィス・シェアオフィス・コワーキングスペース

上述の2社以外にもおすすめのレンタルオフィス・シェアオフィス、コワーキングスペースがありますので、まとめてご紹介します。

 

●レンタルオフィス業界では数少ない上場企業が運営する『ハローオフィス』

東証マザーズに上場しているエリアリンク株式会社が運営しているレンタルオフィスで、どの物件も最寄駅から徒歩5分以内というアクセスの良さが特徴です。

『ハローオフィス』の拠点一覧はこちら

 

●ハイクオリティ・コストパフォーマンスに優れた『EXPERT OFFICE』

少数精鋭企業の成長に合わせて快適で創造的なワークタイムを提供する日総ビルディング株式会社のレンタルオフィスです。

『EXPERT OFFICE』の拠点一覧はこちら

 

●東急不動産の100%子会社が運営する『Business-Airport』

国際空港のビジネスラウンジのような快適な空間を提供している会員制サテライトオフィスです。

『Business-Airport』の拠点一覧はこちら

 

 

レンタルオフィスを探す