初めてのオフィス選びで失敗しないための3つのポイント

初めて起業する際は、どういったオフィスを選ぶのがいいか見当もつかない方もいらっしゃると思います。本記事では、初めてのオフィス選びで失敗しないための3つのポイントをご紹介します。

ポイント①:優先順位を決める!

オフィス外観まずはオフィスを選ぶ際の優先順位を決めるのがいいかと思います。

例えば、営業メンバーが多い組織の場合は、クライアントのオフィスに行きやすいように、複数の線路が通っている駅を選ぶのがいいですし、駅からもできるだけ近いほうがいいです。

賃料を抑えるために、不便な駅や、駅から遠い立地を選ぶのは、営業効率が悪くなり、その結果、売り上げの低迷にもつながりかねないので本末転倒です。

このような場合は、賃料よりも立地を重要視するのがおすすめです。

逆に外出の機会が少ない組織の場合は、立地自体をそれほど重要視する必要はなく、滞在する時間の長いオフィス環境の快適さといった点を重要視したほうがいいでしょう。

ポイント②:オフィスを利用する人数は?

オフィスを利用する人数が10人を超える場合は、賃貸オフィスという選択肢も検討したほうがいいですが、それ以下の人数であれば、レンタルオフィスの利便性は非常に高いと思います。

賃貸オフィスを借りる場合、執務スペースだけではなく、受付や会議室なども用意する必要があるため、10人以下の企業、特に5人以下の企業にとっては、その分コスト高になってしまうので、あまり賢い選択ではありません。

レンタルオフィスであれば、受付や会議室は自社専用で構える必要がなく、共同で利用できるので、その分だけコストを抑えることが可能です。

ポイント③:どこまでオフィス環境を整えるか?

会議室

最後にどこまでオフィス環境を整えるかも十分検討したほうがいいでしょう。

オフィスは、一部を除くほとんどのケースで登記住所としても利用することになるので、移転するとなると非常に手間がかかることになります。

そのため、実際に入居して事業を始めてみたら不便で、すぐに移転したいということにならないように、どこまでのオフィス環境を整えるべきか十分検討するのが得策です。

例えば、執務スペースが多少賑やかでも、様々な人と交流しやすい環境のほうがよければシェアタイプのレンタルオフィスがいいでしょうし、完全個室の静かなスペースで働きたい方は、専有タイプのレンタルオフィスを選ぶべきです。

また、来客が多い企業の場合は、おしゃれで綺麗な会議室があるレンタルオフィスを選んだほうがいいでしょうし、翻訳など一部の秘書業務を依頼したい場合はサービスオフィスがおすすめです。

どこまでオフィス環境を整えるかは、そこで働く人たちのタイプだったり事業内容、来客が多いかどうかなどによって変わってきますので、自社のタイプに合わせて十分検討してみてください。
これら3つのポイントをふまえたうえで、実際にオフィスを探してみてはいかがでしょうか?

それでは、実際にどのようなレンタルオフィス・シェアオフィス・コワーキングスペースがあるのかご紹介したいと思います。

世界最大手のレンタルオフィス運営会社『リージャス』

ご存知の方も多いかもしれませんが、レンタルオフィス業界で圧倒的なブランド力を誇るのがリージャスです。

リージャスは、日本国内で100拠点以上、海外でも120ヵ国900都市、3,000拠点という他運営会社とは比較にならないほど多くの拠点数を運営しています。

リージャスの強みは、老舗の世界最大手ブランドだからこそできる提供サービスのクオリティの高さと、多くの拠点数があるからこそ実現できる利便性の高さです。

リージャスは、いずれの拠点もそのエリアを代表するシンボルタワーや駅から近いハイグレードオフィスビル内にあり、バイリンガルスタッフによる受付対応や秘書業務などハイクオリティのサービスを受けることができるので、来客が多い企業や雑務を任せたい企業には大変便利なレンタルオフィスといえます。

また、リージャスグループが運営するリージャス及び別ブランドのオープンオフィスに入居すると、上述した全国100拠点以上、世界3,000拠点以上のビジネスラウンジを利用できる「ビジネスワールドサービス」が特典として付くので、日本国内や海外への出張が多い企業には非常に便利なレンタルオフィスです。

 

●Regus(リージャス)
各都市のランドマークとなるハイグレードオフィスビルなど、選りすぐりのロケーションと最先端のビジネス環境を備えたレンタルオフィスを提供しています。バイリンガルスタッフによる受付サービスやビジネスラウンジを備え、秘書サービスの利用も可能です。さらに価格帯のバリュエーションも増えたので、予算に応じて自分に合ったプランを選びやすくなっています。

 

●Openoffice(オープンオフィス)
ビジネスのスタートに必要な環境を無駄なく完備し、有利な立地にありながらも、必要最小限の規模で経済的な料金のレンタルオフィスを利用できます。
リージャスが運営する各拠点の一覧は下記ページからご覧いただけますので、気になる物件がありましたらお問い合わせください。

 

リージャスグループ』の拠点一覧はこちら

 

いま注目の急成長ブランド『ビズサークル』『ビズコンフォート』

ここ数年、拠点数が急拡大している株式会社リビング・エージェント運営の『ビズサークル』と『ビズコンフォート』もおすすめです。

『ビズサークル』『ビズコンフォート』は、リージャスとは異なり高層ハイグレードオフィスや秘書付きのハイクオリティサービスではありませんが、そこまでのサービスを必要とはしていない方で、コスパ良く完全個室のレンタルオフィスやコワーキングスペースを利用したい方向けにサービスを展開しているのが人気の秘訣です。

 

●完全個室のレンタルオフィスを低コストで提供する『ビズサークル』

首都圏・大阪・愛知を中心に50拠点以上展開しており、24時間利用可能で高品質なデザインオフィスを提供する完全個室の格安レンタルオフィスです。

『ビズサークル』の拠点一覧はこちら

 

●365日24時間利用できる会員制コワーキングスペース『ビズコンフォート』

「大人カッコイイ」をコンセプトにデザインしたコワーキング&シェアオフィスです。

『ビズコンフォート』の拠点一覧はこちら

 

他にもまだある!お勧めレンタルオフィス・シェアオフィス・コワーキングスペース

上述の2社以外にもおすすめのレンタルオフィス・シェアオフィス、コワーキングスペースがありますので、まとめてご紹介します。

 

●レンタルオフィス業界では数少ない上場企業が運営する『ハローオフィス』

東証マザーズに上場しているエリアリンク株式会社が運営しているレンタルオフィスで、どの物件も最寄駅から徒歩5分以内というアクセスの良さが特徴です。

『ハローオフィス』の拠点一覧はこちら

 

●ハイクオリティ・コストパフォーマンスに優れた『EXPERT OFFICE』

少数精鋭企業の成長に合わせて快適で創造的なワークタイムを提供する日総ビルディング株式会社のレンタルオフィスです。

『EXPERT OFFICE』の拠点一覧はこちら

 

●東急不動産の100%子会社が運営する『Business-Airport』

国際空港のビジネスラウンジのような快適な空間を提供している会員制サテライトオフィスです。

『Business-Airport』の拠点一覧はこちら

 

 

レンタルオフィスを探す