起業前に知っておきたい個室レンタルオフィス・サービスオフィス選びのチェックポイント

起業する際には、机、椅子、コピー機などの様々なオフィス設備が必要となりますが、起業・独立時の初期投資は極力抑えたいものです。そこで有効活用したいのが、レンタルオフィス・サービスオフィス。

今回は、起業前に知っておきたいレンタルオフィス・サービスオフィス選びのポイントについてご説明します。

チェックポイント

レンタルオフィス・サービスオフィスとは?

レンタルオフィスとは、一般的な賃貸オフィスと比べて低予算で借りることができるオフィスで、机、椅子、会議室、コピー機などの会社で必要となる設備が最初から備え付けられているのが大きな特徴です。(一部の個室レンタルオフィスでは机・椅子を自分で用意する必要がありますので、内覧時に確認することをおすすめします)

そのため、起業時の初期投資や毎月かかる事務所の賃貸料を低コストに抑えることができます。起業はしたいけれど、いきなり高額な設備投資は難しいと考えている方にお勧めのサービスです。

サービスオフィスは、レンタルオフィスと同様に、オフィス環境に必要な設備を用意していますが、執務スペースや会議室などの内装は、レンタルオフィスよりも高級感があり、バイリンガル秘書による受付対応や業務サポートを利用できるといったサービスが非常に充実しているという特徴があります。

したがって、来客の機会が多い企業や弁護士など相手に信頼感を感じてもらうことが大切な士業・コンサルの方などは、高級感のある会議室や上質な受付対応などでイメージがアップするようにサービスオフィスを利用するのもおすすめですし、外資系企業の日本進出や、海外企業との取引が多い日本企業にとっても便利なサービスといえます。

 

秘書

オフィスは会社の顔であり、営業効率にも大きく影響!?

オフィス選びにおいてまず重要なチェックポイントは、オフィスの場所です。駅から遠いオフィスはそれだけ無駄に時間をロスすることになるので、営業先への訪問などが多い企業は、駅から近いオフィスが圧倒的におすすめです。複数の路線が通っている駅から近いとさらに便利なのは言うまでもありません。

また、当然ですが住所はホームページや名刺に記載することになりますので、ビジネス一等地の住所の場合、会社の信頼性も高まります。複数の路線が通っている駅から近く、おまけにビジネス一等地となると、高額な賃料だと思われるかもしれませんが、ご安心ください。賃貸オフィスの場合は確かに高額になりますが、レンタルオフィスであれば、賃貸オフィスよりも大幅にコストを抑えることができるので、低コストでビジネス一等地のオフィスを利用できます。

快適さで選ぶのかコストで選ぶのか、重要視するポイントを決めるのが大切!

次に、入居してみて意外と気になるのは他入居者の電話や入居者同士の会話などをはじめとした騒音です。レンタルオフィスはフロアを区切って使用している場合が多いため、ある程度の音が聞こえるのは仕方がないですが、他の部屋との仕切り(壁)が天井までなく、部屋の天井あたりが隣の部屋とつながっている物件もあり、この仕様ですと、隣の部屋の声が丸聞こえになりますので、そういった騒音が気になる方は、天井まで部屋の仕切りがある物件を選択されたほうがいいでしょう。

ただ、天井が他の部屋とつながっている物件は、その分、相場よりも月額賃料が安いというケースも多々あるので、快適なオフィス環境を選ぶのかコストを優先するのかを考慮して、自分に合った最適なオフィスを選ぶことが大切だと思います。

また、会議室の使用条件はレンタルオフィス会社によって異なります。業務上、会議やミーティングを多く行う場合は、オフィスを選ぶ際に会議室がいくつあるのか、料金は無料なのか別途かかるのか、利用方法などを事前に確認することが大切です。

レンタルオフィス・サービスオフィス選びで最も重要なことは、自分の中でゆずれない点や優先順位を決めてから物件を内覧することです。自分がこれから仕事をしていく中で、効率良く業務を遂行するには何が必要かを考えて、その条件を十分に満たしているかどうかを自分の目で確かめてから選ぶようにしましょう。

それでは、実際にどのようなレンタルオフィス・サービスオフィス・シェアオフィス・コワーキングスペースがあるのかご紹介したいと思います。

世界最大手のレンタルオフィス運営会社『リージャス』

ご存知の方も多いかもしれませんが、レンタルオフィス業界で圧倒的なブランド力を誇るのがリージャスです。

リージャスは、日本国内で100拠点以上、海外でも120ヵ国900都市、3,000拠点という他運営会社とは比較にならないほど多くの拠点数を運営しています。

リージャスの強みは、老舗の世界最大手ブランドだからこそできる提供サービスのクオリティの高さと、多くの拠点数があるからこそ実現できる利便性の高さです。

リージャスは、いずれの拠点もそのエリアを代表するシンボルタワーや駅から近いハイグレードオフィスビル内にあり、バイリンガルスタッフによる受付対応や秘書業務などハイクオリティのサービスを受けることができるので、来客が多い企業や雑務を任せたい企業には大変便利なレンタルオフィスといえます。

また、リージャスグループが運営するリージャス及び別ブランドのオープンオフィスに入居すると、上述した全国100拠点以上、世界3,000拠点以上のビジネスラウンジを利用できる「ビジネスワールドサービス」が特典として付くので、日本国内や海外への出張が多い企業には非常に便利なレンタルオフィスです。

 

●Regus(リージャス)
各都市のランドマークとなるハイグレードオフィスビルなど、選りすぐりのロケーションと最先端のビジネス環境を備えたレンタルオフィスを提供しています。バイリンガルスタッフによる受付サービスやビジネスラウンジを備え、秘書サービスの利用も可能です。さらに価格帯のバリュエーションも増えたので、予算に応じて自分に合ったプランを選びやすくなっています。

 

●Openoffice(オープンオフィス)
ビジネスのスタートに必要な環境を無駄なく完備し、有利な立地にありながらも、必要最小限の規模で経済的な料金のレンタルオフィスを利用できます。
リージャスが運営する各拠点の一覧は下記ページからご覧いただけますので、気になる物件がありましたらお問い合わせください。

 

リージャスグループ』の拠点一覧はこちら

 

いま注目の急成長ブランド『ビズサークル』『ビズコンフォート』

ここ数年、拠点数が急拡大している株式会社リビング・エージェント運営の『ビズサークル』と『ビズコンフォート』もおすすめです。

『ビズサークル』『ビズコンフォート』は、リージャスとは異なり高層ハイグレードオフィスや秘書付きのハイクオリティサービスではありませんが、そこまでのサービスを必要とはしていない方で、コスパ良く完全個室のレンタルオフィスやコワーキングスペースを利用したい方向けにサービスを展開しているのが人気の秘訣です。

 

●完全個室のレンタルオフィスを低コストで提供する『ビズサークル』

首都圏・大阪・愛知を中心に50拠点以上展開しており、24時間利用可能で高品質なデザインオフィスを提供する完全個室の格安レンタルオフィスです。

『ビズサークル』の拠点一覧はこちら

 

●365日24時間利用できる会員制コワーキングスペース『ビズコンフォート』

「大人カッコイイ」をコンセプトにデザインしたコワーキング&シェアオフィスです。

『ビズコンフォート』の拠点一覧はこちら

 

他にもまだある!お勧めレンタルオフィス・シェアオフィス・コワーキングスペース

上述の2社以外にもおすすめのレンタルオフィス・シェアオフィス、コワーキングスペースがありますので、まとめてご紹介します。

 

●レンタルオフィス業界では数少ない上場企業が運営する『ハローオフィス』

東証マザーズに上場しているエリアリンク株式会社が運営しているレンタルオフィスで、どの物件も最寄駅から徒歩5分以内というアクセスの良さが特徴です。

『ハローオフィス』の拠点一覧はこちら

 

●ハイクオリティ・コストパフォーマンスに優れた『EXPERT OFFICE』

少数精鋭企業の成長に合わせて快適で創造的なワークタイムを提供する日総ビルディング株式会社のレンタルオフィスです。

『EXPERT OFFICE』の拠点一覧はこちら

 

●東急不動産の100%子会社が運営する『Business-Airport』

国際空港のビジネスラウンジのような快適な空間を提供している会員制サテライトオフィスです。

『Business-Airport』の拠点一覧はこちら

 

 

レンタルオフィスを探す