これだけは抑えておきたい起業ステージ別お役立ち制度・サービス一覧

これから起業する方や既に起業している起業家・経営者の方にとって、起業ステージ別に役立つ制度やサービスをご紹介します。

企画書

起業家・経営者向け

 

■小規模企業共済

中小企業基盤整備機構が提供している共済制度で、小規模企業の個人事業主が事業を廃止した場合や企業などの役員が役員を退職した場合などに、それまで積み立てた掛け金に応じた共済金を受けることができる共済制度です。

経営者の退職金として給付することができると同時に、掛け金合計額の範囲内であれば担保・保証人不要で事業資金の貸し付けを受けられます。

また、毎月の掛け金は全額所得控除になるので節税対策としても大きなメリットがあります。

掛け金は毎月1,000円から70,000円までの範囲内(500円刻み)で自由に選ぶことができますので、自分の収入などに合わせて設定が可能です。

小規模企業の経営者の方であれば、必ず入っておきたい共済制度といえます。

http://www.smrj.go.jp/skyosai/index.html

 

■経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)

こちらも中小企業基盤整備機構(中小機構)が提供する共済制度で、取引先事業者の倒産の影響を受けて、中小企業が連鎖倒産や経営難に陥ることを防止するための共済制度です。

掛け金月額は、5,000円から20万円までの範囲(5,000円刻み)で自由に選べ、掛け金総額が800万円になるまで積み立てられます。掛け金は税法上、法人の場合は損金、個人の場合は必要経費に算入できます。

加入の手続きは、中小機構と委託契約をしている全国の金融機関、商工会、商工会議所などが窓口になります。

共済金の貸付けは、取引先事業者の倒産で回収困難となった売掛金債権と前渡金返還請求権の額と、掛金総額の10倍に相当する額のいずれか少ない額の範囲内で請求することができます。

つまり、掛け金総額が800万円の場合、最大で8000万円の貸し付けを受けることが可能です。

また、取引先が倒産していない場合でも、解約手当金の範囲内で臨時に必要な事業資金の貸付けが受けることできますので、もしものために入っておくと安心な共済制度です。

上記のとおり、節税対策だけでなく、いざというときにつなぎ融資で会社を守ってくれる制度ですので、会社に利益がでているのであれば、こちらも加入しておきたい共済制度です。

http://www.smrj.go.jp/tkyosai/index.html

 

起業準備中の方向け

 

■創業スクール

創業時に必要となる「経営に関する知識・ノウハウ」や「起業・事業運営に伴う各種手続き」「資金調達」などの実務ポイントを一体的かつ体系的に学習できるスクールです。

また、ビジネスプランの作成支援を実施しており、創業を希望する方が受講後、速やかな創業をできるようサポートしています。

運営会社は民間企業であるパソナですが、中小企業庁の地域創業促進支援事業として展開しているため、カリキュラム内容は充実していながらも、受講料は5,400円/10,800円と非常にリーズナブルに設定されているので、起業はしたいけど何をしていいかわからず困っているという方は、体系的に学ぶことができ費用も割安な創業スクールを受講してみるのがいいと思います。

http://www.sougyouschool.jp/

 

■東京開業ワンストップセンター

東京で開業される方に限られますが、法人設立や事業開始時に必要な定款認証、登記、税務、年金・社会保険、入国管理等、開業に必要な各種手続をまとめて行うことができるセンターです。

国内ベンチャー企業だけでなく、東京での事業展開を目指す外資系企業も利用できるように、多言語による通訳や翻訳サービスを提供しています。

http://tosbec.org/about.html

 

起業準備中の方は、法人を設立するにあたり、これから登記手続きをすることになります。

登記手続きは手間がかかるので、出来ればプロにお願いしたいところですが、起業時は少しでもコストを抑えたいのが本音だと思います。

そんな時は、コストを抑えながらもプロにお願いできる方法がありますので、下記の記事をご参考ください。

会社設立登記の手続きは代行会社にお願いしたほうがおトク!?

 

 

起業準備中の方/起業家・経営者向け

 

■ドリームゲート

これから起業を考えている方や、既に起業している起業家・経営者向けの情報サイトです。

無料でダウンロードできる事業計画書や資金調達作成のマニュアルをはじめ、起業・経営のオンライン相談、起業・経営セミナー情報、起業家インタビュー記事、起業・経営に関するノウハウ記事などコンテンツは非常に豊富です。

会員登録をすれば、定期的にメールマガジンで情報が届きますので、登録してみてはいかがでしょうか?

http://www.dreamgate.gr.jp/

 

■日本政策金融公庫

こちらは説明するまでもないかと思いますが、新たに事業を始める方や事業を開始して間もない方でも、条件を満たせば、無担保・無保証人で利用できる「新創業融資制度」などがあります。

他にも様々な制度がありますので、資金調達を検討されている方は一度相談してみることをおすすめします。

https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/index.html

 

◎新創業融資制度
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/04_shinsogyo_m.html

 

■ミラサポ

中小企業・小規模事業者の未来をサポートすることを目的に、中小企業庁の委託事業として運営しているサイトです。

補助金・助成金に関する情報や、イベント・セミナー情報などを発信しています。

https://www.mirasapo.jp/index.html

 

■bizocean(ビズオーシャン)

株式会社ビズオーシャンが運営するビジネス情報サイトです。

メインコンテンツである『書式の王様』では、「見積書」や「領収書」、「企画書」、「パワーポイントテンプレート」といった、起業時や起業後の様々なシーンで必要になる書式が充実していて、会員登録をすれば無料でダウンロードできます。

他にも、『コラムの王様』では、「ビジネスメールの書き方」など、ビジネスの場で役立つビジネスコラムを掲載しています。

契約書関連など、雛形になる書式が無くて困ったときは、まず最初にbizoceanで探してみるとすぐ見つかるかもしれませんので、一度試してみてはいかがでしょうか?

https://www.bizocean.jp/

 

■FIDELI(フィデリ)

オウンドメディア株式会社が運営するビジネスポータルサイトです。

請求書や、契約書、企画書などの様々なビジネス文書や、署名ひな型や挨拶状などのメール文例を無料でダウンロードできます。

また、経営者向けやビジネスパーソン向けのオススメセミナー情報やプレスリリース情報なども掲載しています。

会員登録をすると、メールマガジンで定期的にビジネスに関連する情報が届きますので、登録してみてはいかがでしょうか?

http://www.fideli.com/

 

以上、気になる制度・サービスがありましたら、ぜひチェックしてみてください。

 

また、起業時のオフィスを探している起業準備中の方や、いま入居しているオフィスに不満があり移転先をお探しの起業家・経営者の方は、下記記事をご参考いただければと思います。

 

起業家に人気のレンタルオフィス・シェアオフィス・コワーキングスペース。あなたは個室派?それともシェア派

 

 

レンタルオフィスを探す