バーチャルオフィスとは?

起業するにあたって、どういったオフィスを準備するかはその方の起業スタイルによって選ぶ基準が変わってくるかと思いますが、住所利用や郵便物の受け取り・転送など、起業時に最低限必要なサービスのみ提供しているのがバーチャルオフィスです。

一人で事業を行い、頻繁にお客様の来訪があるわけではなく、基本的には自宅やカフェで仕事をするノマドタイプの方で、オフィスにかけるコストを抑えたい方におすすめのサービスです。

バーチャルオフィスのメリット

パソコン&コーヒー

バーチャルオフィスのサービスは、運営する事業者によって内容は異なりますが、基本的には法人登記用の住所利用(一部のバーチャルオフィスは登記利用できない場合あり)や便物の受け取り・転送、その他、電話秘書サービス、会議室利用などが挙げられます。

※電話秘書サービスや会議室の利用はオプションサービスとして別途料金が必要になるケースが多いです。

 

都心一等地の住所を、賃貸オフィスやレンタルオフィス・サービスオフィス等と比べて、大幅にコストを抑えて利用できるのが最大の特徴です。

 

いわゆるオフィス環境は特に必要がなく、とにかくコストを抑えたいという方にピッタリのサービスです。

 

バーチャルオフィスのデメリット

基本的には登記用の住所や郵便物の受け取り・転送サービスの提供を目的としているので、レンタルオフィス・サービスオフィスのような高付加価値サービスはあまり期待できません。

郵便物の受け取り・転送サービスに対応している運営会社は多いと思いますが、大抵は1週間に1度など期間を決めて、まとめて郵便物を転送するといった対応ですので、急ぎで郵便物を受け取りたい時には、別料金で転送してもらうか直接受け取りに行くといった必要があります。
(運営会社によって対応は異なりますので、詳しくは各運営会社にお問い合わせください)

 

また、バーチャルオフィス利用者は銀行の法人口座開設が難しいという話も聞きますが、新規設立法人の場合、メガバンクでの法人口座開設は、バーチャルオフィスに限らず、口座開設のハードルは高い傾向にありますので、いずれにしても事業内容や銀行担当者とのコミュニケーションが重要になります。

 

バーチャルオフィス選びの注意点

仕事をするビジネスパーソン

1)利用企業の審査基準が甘いバーチャルオフィス運営会社の場合、共同で利用することになる住所を振り込み詐欺などの悪質事業者に利用されている場合も稀にあるので、そういったケースがないか、契約前に、利用を検討しているバーチャルオフィスの住所をネットで検索してみることをオススメします。

 

2)運営会社によって、住所を登記利用ができない、会議室がないなど、サービス内容は異なりますので、各社の特徴をよく調べてから、自社にあった運営会社をお選びいただくのが賢明です。
バーチャルオフィスの利用には上記のとおり注意点はありますが、ノマドタイプの方には非常に便利なサービスですので、興味がある方はまずお問い合わせをしてみるのはいかがでしょうか?

レンタルオフィスを探す